忍者ブログ
くまこの日常
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



アルツハイマー 初期症状として最初に現れる症状は、ひどい物忘れや記憶の混乱である。また、場所がよくわからないといった症状も現れ、徐々に、物事を認識できなくなってしまう。言葉がわからなくなるなどの認知症症状になり、最悪死に至ってしまうのだ。根本的な治療法は残念ながら現在のところは存在しない。

 

アルツハイマー型認知症というのはどのようなものなのか。



現在では、アルツハイマー型といっても、病理学的には老年性認知症とほとんど変わらない。老年性認知症の早発型とする考えもあってか、当初アルツハイマー型認知症は、1907年にドイツの精神医学者であったアルツハイマーが、進行性の認知症を特徴とする51歳の女性患者の症例を報告したことから、このような名前で呼ばれるようになったのだ。



アルツハイマー型認知症の原因は、現在はまだ明らかにはなっていない。



アルツハイマー型認知症では、大脳の萎縮や神経伝達物質の変化などが見られる。神経伝達物質というのは、アセチルコリン、カテコールアミン、セロトニンなど、神経細胞から出されて信号を伝達する化学物質のことを指す。このことから、老人斑、すなわち、アミロイドと呼ばれる色素たんぱくが脳に沈着したものや、神経原線維変化などの生化学的研究から、生物学的に原因をつきとめよういう研究が行われているところだ。



ただし、本格的な解明にはまだしばらく時間がかかりそうである。・・・アルツハイマー 初期症状より引用



アルツハイマー型認知症は、現在のところ、原因が明確ではないことから、根本的な治療法はなく、薬物療法による症状の改善や進行の抑制が主に行われているのが現状です。



ふにゃふにゃ堂 :アルツハイマーの初期症状「認知症の診断」



PR

  HOME  
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
忍者ブログ [PR]